サプリメントに「添加物ゼロ」はありえない

サプリメントに「添加物ゼロ」はありえない

サプリメント

 

なにかと悪者扱いされる「添加物」。

 

しかし、サプリメントで「添加物ゼロ」や「無添加」はあり得ません。

 

なぜなら、商品として錠剤等の形にするためには、必ず「増粘剤」などの添加物が使われるからです。これがなければ「形」にならず、ボロボロ崩れるので、製品になりません。

 

では他の添加物はどうでしょうか?

 

今回は、サプリメントを選ぶ際に避けられない「添加物」の問題について見ていきたいと思います。

 

目次

  1. 食品添加物とは
  2. 食品添加物の種類
  3. 食品添加物のメリットとデメリット
    1. 添加物のメリット
    2. 添加物のデメリット
  4. 葉酸サプリにふさわしくない添加物は?
    1. 製造・加工に必要なもの以外の添加物
    2. 増粘剤などのうち避けたほうが良い添加物
  5. まとめ

 

食品添加物とは

まずは添加物とは何なのかを把握しておきましょう。

 

食品衛生法第2条には、「食品添加物とは、食品の製造過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、湿潤その他の方法によって使用するものをいう」とあります。

 

つまり、食品を作るときや、食品の保存のために、食品に添加したり混ぜ合わせたりするもののこと、です。

 

食品添加物の種類

添加物をその目的別に分けると、5つに分類することができます。

 

食品添加物の種類

  • 食品の保存性を良くする添加物
  • 食品の味や風味を良くする添加物
  • 食品の見た目を良くする添加物
  • 食品の製造・加工に必要な添加物
  • 食品の栄養価を高める添加物

 

食品の保存性を良くする添加物

 

食品の腐敗や酸化を防止し、保存性を高める目的で使用されます。

用途名 はたらき

保存料

微生物の増殖を抑え、食品の保存効果を高めて腐敗を防止する。酸菌作用はない。
例:安息香酸

防カビ剤

食品の運搬・保存中に発生するカビを防止する。
例:ジフェニルオルトフェニルフェノールチアベンダゾールイマザリル

殺菌料

微生物を死滅させ、腐敗を防止する。
例:過酸化水素次亜塩素酸ナトリウム

酸化防止剤

酸化による異臭や変色、毒性の発生を防止する。
例:BHTBHAエリソルビン酸

 

食品の味や風味を良くする添加物

 

加工に使用される添加物のうち、食品の味や風味を良くする目的で使われる添加物です。

 

用途名 はたらき

甘味料

甘味を付与するもの。
例:サッカリンアスパルテームキシリトールステビア

調味料

食品に旨味(うまみ)を与えるもの。
例:L-グルタミン酸ナトリウムクエン酸ナトリウム

酸味料

食品に酸味を付与または増強させる。
例:クエン酸コハク酸

 

食品の見た目を良くする添加物

 

加工に使用される添加物のうち、食品の見た目を良くする目的で使われるものです。

 

用途名 はたらき

発色剤

それ自体は色を持たないが、食品中の色素と反応してその色調を固定、安定化し、鮮明にする。
例:亜硝酸ナトリウム硝酸カリウム

着色料

それ自体が色を持ち、食品に色を付ける。
例:タール色素三二酸化鉄二酸化チタンクロロフィル誘導体水溶性アナトーβ-カロテン

漂白剤

食品中の天然色素などを分解、脱色、白色化する。
例:亜塩素酸ナトリウム

香料

食欲増進のため、食品に香りを付ける。
例:l-メントール

 

食品の製造や加工に必要な添加物

 

食品を、商品として製造・加工するために必要な添加物です。

 

用途名 はたらき

増粘安定剤

食品に粘着性を与える、乳化を安定させる、ゲル化させるなどの目的で使われる。
例:アルギン酸ナトリウムポリリン酸ナトリウム

イーストフード

パンなどの製造時にパン酵母の栄養源となる。
例:塩化マグネシウム

乳化剤

水と油を乳化し、安定させる。マヨネーズやアイスクリームに使用される。
例:グリセリン脂肪酸エステル

pH調整剤

食品を適切なpH領域に保つ目的で使用される。
例:酢酸ナトリウム

 

食品の栄養価を高める添加物

 

加工や製造の過程で失われた栄養素を補充する目的で使用されるものです。

 

用途名 はたらき

栄養強化剤

製造過程で失われた栄養素を補充し、食品の栄養価を高めることができる。
例:ビタミンミネラルアミノ酸

 

食品添加物のメリットとデメリット

添加物にはメリットとデメリットがあります。

 

添加物のメリット

添加物は上記5つの目的があり、そのことで消費者の健康が守られたり、社会経済に良い影響を与えたりしています。

 

  • 消費者⇒微生物を抑制したり酸化を防止することで、食中毒が減り、栄養価が維持できるようになった。
  • 生産者⇒長期保存が可能となり、劣化が防げるので、品質が向上し安定して供給できるようになった。

 

添加物のデメリット

いっぽう、添加物は使用量によっては人体に悪影響を与えます。使用基準の設けられている添加物には、使用量や使用方法によっては毒性が現れることもあります。

 

葉酸サプリにふさわしくない添加物は?

さて、食品添加物についてあらかた理解していただけたかと思いますが、葉酸サプリにはどのような添加物が使われているのでしょうか?

 

これは正直、各メーカーバラバラで、その都度確認されたほうがいいです。

 

葉酸サプリの副作用についてでも述べていますが、サプリを選ぶ際に「これは使用されていないほうがよい」というものだけ挙げておきます。

 

製造・加工に必要なもの以外の添加物

  1. 食品の保存性を良くする添加物
  2. 食品の味や風味を良くする添加物
  3. 食品の見た目を良くする添加物

 

葉酸サプリに保存料や甘味料は、基本的には必要ありません。

 

食品添加物は、「できる限り使用しない、使用する場合は必要最低限の量」が原則です。

 

これらが含まれる葉酸サプリは避けた方が良いでしょう。

 

増粘剤などのうち避けたほうが良い添加物

増粘安定剤や乳化剤は、サプリを商品として形作るのに必ず必要なものですが、そのうち、できれば使用しない方が良い添加物があります。

 

これらの添加物でなく、違う種類で製造されているものが良いでしょう。

 

ショ糖脂肪酸エステル

サプリメントの増粘剤に使用されることが多いのがこのショ糖脂肪酸エステルです。

 

染色体異常の可能性が指摘されており、妊婦さんが避けるべき添加物の一つです。

 

マルチトール(還元麦芽糖)

タブレットなどを製造する際に増量剤として使用されることの多いのがマルチトールです。

 

大量摂取すると下痢になる恐れがあります。

 

まとめ

現代日本では添加物のない食品だけで生活するのはほぼ不可能です。

 

基本的には過剰摂取しなければ安全です。

 

妊娠を希望する女性や妊婦さんにとっては心配かもしれませんが、気にしすぎるのもよくありません。

 

必要最低限で使用されている添加物は仕方がありませんので、「余計な」添加物だけを排除するようにしてください。

 

【参考書籍】幸書房『食品の安全と安心 講座I -考える材料と見る視点-』松田友義編

 

関連ページ一覧

厚生労働省のサムネイル

厚生労働省が勧める400μgのモノグルタミン酸葉酸とは?厚生労働省では、妊娠を希望する女性及び妊娠初期の女性に、400μ...

ビタミンB12のサムネイル

知らないと損するビタミンB12の重要性妊娠を希望する女性に葉酸摂取は推奨されていますが、ビタミンB12は特に国から推奨さ...

栄養豊富なフルーツのサムネイル

葉酸サプリに必要な栄養素ベスト5葉酸だけしか入ってない葉酸サプリは問題外です。もちろん人それぞれ事情がありますが、妊活女...

工場のサムネイル

安心・安全のため、葉酸サプリは「GMP」をクリアしたものを選ぶべし2011年5月26日、「独立行政法人 国民生活センター...

サポートオペレーター

安心できる葉酸サプリメーカーのサポート体制とは?日本でも、年々インターネットでのモノの購入が増え、今やスマホ一つで簡単に...

caution!のサムネイル

合成葉酸は危険!はウソ?ホント?妊活中の女性なら、食べるものが安全かどうか、安心できるものかどうかを気にしていると思いま...

サプリメントのサムネイル

サプリメントに「添加物ゼロ」はありえないなにかと悪者扱いされる「添加物」。しかし、サプリメントで「添加物ゼロ」や「無添加...

意外と大事な葉酸サプリの「原材料表記」についてのサムネイル

意外と大事な葉酸サプリの「原材料表示」について2016年に発表された東京都の「平成27年度健康食品試買調査結果」によれば...

葉酸含有酵母のサムネイル

葉酸含有酵母(葉酸酵母)と合成葉酸についての基礎知識ネットで販売されている葉酸サプリの中には「葉酸含有酵母」または「酵母...

原材料事典のサムネイル

葉酸サプリに使用される原材料事典葉酸サプリに使用される原材料について解説しています。用途、分類、安全性などが一目でわかり...

このエントリーをはてなブックマークに追加