葉酸サプリに使用される原材料事典

葉酸サプリに使用される原材料事典

原材料一覧のトップ画像

 

葉酸サプリに使用される原材料について解説しています。
用途、分類、安全性などが一目でわかり、その原材料を使用している主な葉酸サプリも掲載しているので便利です。

 

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

A~

 

あ行

イノシトール

  • 用途…脂肪肝予防
  • 分類…ビタミン様物質
  • 安全性…◎

イノシトールはオレンジやメロンなどに含まれるビタミン様物質で、体内の脂質の運搬をスムーズにする役割があります。
脂肪肝や動脈硬化の抑制に効果があることから食品添加物や栄養強化剤としての使用を認められています。

イノシトールを使用している葉酸サプリ

 

か行

加工でんぷん

  • 用途…賦形剤
  • 分類…炭水化物
  • 安全性…○

天然のでんぷんを物理的、化学的に加工して作られた物質の総称で、日本では12種類の加工でんぷんが添加物として使用を認められています。
安全性は問題ありませんが、過剰摂取には気を付けたい添加物です。

 

還元麦芽糖水飴

  • 用途…賦形剤
  • 分類…炭水化物
  • 安全性…◎

麦芽糖という炭水化物を還元(水素を添加)することでできるのが還元麦芽糖で、これを75%以上含む水飴のことを「還元麦芽糖水飴」といいます。
葉酸サプリでは甘味料というよりサプリを形作る賦形剤として用いられます。

還元麦芽糖水飴を使用している葉酸サプリ

 

還元パラチノース

  • 用途…甘味料
  • 分類…炭水化物
  • 安全性…◎

ショ糖(スクロース。砂糖の主成分)に酵素を作用させて作ったものをパラチノースといいますが、これを水素と化合(還元)させたものが還元パラチノースです。
甘味料として使用され、安全性の高い添加物です。

還元パラチノースを使用している葉酸サプリ

 

結晶セルロース

  • 用途…賦形剤
  • 分類…炭水化物
  • 安全性…◎

パルプ(植物繊維)の結晶部分だけを取り出して精製した物質です。
医薬品添加物として広く用いられており、葉酸サプリでは賦形剤、コーティング剤として使用されます。

結晶セルロースを使用している葉酸サプリ

 

酵母(イースト)

  • 用途…栄養素含有
  • 分類…真菌類
  • 安全性…◎

酵母は微生物の一種で、キノコやカビなどと同じ真菌類に属します。
酵素を出して糖質をアルコールと炭酸ガスに分解することで成長します。
葉酸サプリに配合される酵母は、ビタミンやミネラルを含ませて培養された酵母が多く、葉酸を含有させた酵母は「葉酸含有酵母」または「酵母葉酸」と呼ばれています。

酵母を使用している葉酸サプリ

 

さ行

シェラック(セラック)

  • 用途…光沢剤
  • 分類…食品
  • 安全性…◎

シェラック(セラック)とは、ラックカイガラムシという虫から出される分泌物から作られる樹脂状の物質。
柑橘類のフルーツワックス、天津甘栗の光沢剤、医薬品の錠剤などのコーティング剤として使用されます。

シェラックを使用している葉酸サプリ

 

食用精製加工油脂

  • 用途…硬化
  • 分類…油脂類
  • 安全性…△

通常は液状である食用植物油脂に程よい硬さを持たせるために配合されるのが「食用精製加工油脂」で、マーガリンの製造の際によく使用されます。
問題は硬化油脂を製造する際に「トランス脂肪酸」が生成されることです。
ただし、トランス脂肪酸の健康への悪影響を示す研究はほとんどが欧米人を対象にしたものであり、日本人に同じような影響があることはまだ証明されていません。
他の物質同様、「摂り過ぎ」「過剰摂取」に気を付けなければならない、という話であり、トランス脂肪酸を含む食品が全て有害というわけではありません。

食用精製加工油脂を使用している葉酸サプリ

プレミン(トランス脂肪酸ゼロ)

 

ステアリン酸Ca

  • 用途…滑剤
  • 分類…ミネラル
  • 安全性…◎

ステアリン酸とパルチミン酸のカルシウム塩で、錠剤を飲みやすくするために表面を滑らかにする「滑剤」として、日本薬局方にも登録されています。
葉酸サプリにおいても、栄養成分のカルシウムとしてでなく、滑剤として使用されています。

ステアリン酸Caを使用している葉酸サプリ

 

セルロース

  • 用途…賦形剤
  • 分類…炭水化物
  • 安全性…◎

多糖類の炭水化物で、植物の細胞壁や植物繊維の主成分です。
賦形剤として使用されますが、添加物というより食品に近いです。

セルロースを使用している葉酸サプリ

 

た行

デキストリン

  • 用途…賦形剤(増量・結着)
  • 分類…炭水化物
  • 安全性…◎

澱粉またはグリコーゲンが水と反応(加水分解)して生じる多糖類の炭水化物です。
葉酸サプリでは主に成分を固めるために使用されます。

デキストリンを使用している葉酸サプリ

 

澱粉(でんぷん)

  • 用途…賦形剤
  • 分類…炭水化物
  • 安全性…◎

ブドウ糖が多数結合した多糖類の炭水化物です。
穀物やイモ類に多く含まれていて、錠剤の賦形剤としてよく使用されます。

澱粉を使用している葉酸サプリ

 

ドロマイト

  • 用途…賦形剤(増量)
  • 分類…ミネラル(カルシウム・マグネシウム)
  • 安全性…△

海中のサンゴなどの生物が堆積して石灰岩になった後、カルシウムの一部が海水のマグネシウムと置き換わることにより生成された、天然の鉱物です。
カルシウムとマグネシウムの割合が、人体のそれに近い2対1となっているので吸収が良いとされています。
ただし、産地によってはアルミニウム、鉛、ヒ素、水銀等の重金属が含まれている場合があり、これらはいずれも妊婦や授乳婦にとっては危険な物質ですので注意が必要です。

ドロマイトを使用している葉酸サプリ

 

な行

難消化性デキストリン

  • 用途…整腸作用
  • 分類…食物繊維
  • 安全性…◎

でんぷんの分解物から作られる水溶性食物繊維のことです。
血糖値の急な上昇を抑えたり整腸作用があるとされています。

難消化性デキストリンを使用している葉酸サプリ

 

乳酸菌

  • 用途…整腸作用等
  • 分類…細菌類
  • 安全性…◎

乳酸菌はオリゴ糖などの糖を発酵させて乳酸をつくり出す微生物(細菌類)の総称です。
善玉菌として腸内環境を改善し、病原菌の繁殖を防ぎます。
なお乳酸菌などの善玉菌を使った食品のことを「プロバイオティクス」といいます。

乳酸菌を使用している葉酸サプリ

 

乳糖(ラクトース)

  • 用途…賦形剤
  • 分類…炭水化物
  • 安全性…△

ブドウ糖とガラクトースが結合した二糖類の炭水化物です。
哺乳類の乳汁に含まれるものなので安全ですが、体内に乳糖分解酵素(ラクターゼ)を持たない人はお腹がピーゴロゴロになります(乳糖不耐症)。

乳糖を使用している葉酸サプリ

 

は行

ヒアルロン酸

  • 用途…アンチエイジング
  • 分類…ムコ多糖
  • 安全性…◎

ヒアルロン酸は間接液や関節軟骨に多く存在し、細胞外壁液の水分調節、潤滑剤などの働きをしています。
化粧品や健康食品だけでなく医薬品の原料としても使用されます。

ヒアルロン酸を使用している葉酸サプリ

 

ピニトール

  • 用途…血糖値抑制
  • 分類…ビタミン様物質
  • 安全性…◎

マメ科の植物に存在するビタミン様物質。
インスリンとよく似た機能を有しており、血糖値の抑制、糖尿病予防が期待できます。
また多嚢胞性卵巣症候群の改善にも効果があることから、妊活サプリメントに配合されることも。
ピニトールが不妊を改善?妊活成分と呼ばれる理由とは

ピニトールを使用している葉酸サプリ

 

プラセンタエキス

  • 用途…美容成分
  • 分類…抽出物
  • 安全性…◎

プラセンタは哺乳類の胎盤のことで、サプリメントなどで使用されるのは主に豚や馬の胎盤から抽出されたものです。
胎盤には胎児の生命を守るため、アミノ酸やミネラル、ビタミン、酵素などが豊富に含まれていて、疲労回復、しわやたるみの予防、美白効果などが期待できます。

プラセンタエキスを使用している葉酸サプリ

 

ま行

蜜蝋(ミツロウ)

  • 用途…光沢剤
  • 分類…食品
  • 安全性…◎

蜜蝋とは、ミツバチが巣を作るときに分泌するロウです。
食用に用いられるほか、化粧品の原料やワックス、光沢剤としても使用されます。

蜜蝋を使用している葉酸サプリ

 

や行

有胞子性乳酸菌

  • 用途…整腸作用等
  • 分類…細菌類
  • 安全性…◎

菌が胞子に守られた乳酸菌で、熱や酸、酵素に強く、「生きて届く」乳酸菌として有名ですね。
食品の保存性を高める効果も期待できます。

有胞子性乳酸菌を使用している葉酸サプリ

 

ら行

ライスマグネシウム

  • 用途…栄養成分
  • 分類…ミネラル
  • 安全性…◎

米ぬか由来のマグネシウムです。サプリメントの栄養成分としてよく使用されます。

ライスマグネシウムを使用している葉酸サプリ

 

アルファベット

HPC

  • 用途…結合剤
  • 分類…炭水化物
  • 安全性…◎

HPC(ヒドロキシプロピルセルロース)は医薬品の添加剤として使用される、セルロースの誘導体(化合物)です。
錠剤の結合剤、コーティング剤としてよく用いられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加