葉酸不足によって起こる弊害

葉酸不足によって起こる弊害まとめ

緑黄色野菜

 

他のビタミンに比べるとどちらかというと地味な栄養素である葉酸は、じつは欠乏するとヤバイ栄養素です。

 

2015年に発表された「国民健康・栄養調査」によると、20代女性は1日の推奨量240μgを摂取できていません。

 

葉酸が不足すると具体的にどうヤバイか、なぜ不足してしまうのかを解説していきたいと思います。

 

目次

  1. 葉酸が不足すると…
  2. 葉酸欠乏症の弊害とその症状
    1. 胎児の先天異常
    2. 貧血
    3. 脳神経系の障害
    4. 粘膜系の疾患
    5. 動脈硬化
    6. その他の症状
  3. 葉酸欠乏症の原因
    1. 摂取不足
    2. 吸収が阻害される
    3. 必要量の増加
  4. 葉酸欠乏症の治療法と予防法
    1. 葉酸を含む食事を心がける
    2. サプリメントを利用する
  5. まとめ

 

葉酸が不足すると…

葉酸はDNAの合成や血液を造るのに重要な役割を持つ、人体には必須の栄養素です。

 

この葉酸が体内で不足すれば、葉酸欠乏症となり様々な弊害をもたらします。

 

葉酸欠乏症の弊害とその症状

葉酸欠乏症による主な弊害は以下のとおりです。

 

  • 胎児の先天異常
  • 貧血
  • 脳神経系の障害
  • 粘膜系の疾患
  • 動脈硬化
  • その他の症状

 

一つずつ見ていきましょう。

 

胎児の先天異常

上述したように、葉酸はDNAの合成に必須の栄養素です。そしてDNAが合成されなければ細胞分裂ができません。

 

もし妊娠初期の女性が葉酸不足であった場合、胎児の脳や脊髄の元になる中枢神経が正常に成長せず、無脳症または二分脊椎症という障害が起こる可能性があります。

 

この障害を神経管閉鎖障害(しんけいかんせいさしょうがい)といいます。

 

葉酸が神経管閉鎖障害のリスクを低減する理由

 

貧血

血液中の赤血球も、血液細胞が細胞分裂を繰り返すことにより生成されます。

 

葉酸が不足していると赤血球の前の段階である赤芽球が巨大化し、赤血球が作り出せませず、体の各所に酸素を運ぶことができなくなります。

 

これを巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)と言います。

 

症状はいわゆる普通の貧血(鉄欠乏性貧血)と同じで、動悸、息切れ、疲労感、目まいや立ちくらみなどです。

 

巨赤芽球性貧血(悪性貧血)を予防する葉酸

 

脳神経系の障害

DNAの複製と細胞分裂が正常に行われないと、脳神経系の障害の可能性も高まります。

 

症状としては、手足のしびれや無感覚、筋力の低下、味覚異常などがあり、重症化すれば歩行が困難になったり、錯乱、認知症などが起こることもあります。

 

粘膜系の疾患

粘膜組織は頻繁に細胞の入れ替わりが起こっていますので、葉酸が不足すると口や舌、胃や腸など消化器官に炎症が起こりやすくなります。

 

口内炎や舌炎、胃潰瘍などのリスクが高まります。

 

動脈硬化

葉酸は、「メチオニン」という必須アミノ酸を造るのにも必要な栄養素です。

 

このメチオニンが生成されないと、血中に「ホモシステイン」というアミノ酸が増大し、血中の悪玉コレステロールを酸化させやすくなります。

 

また、ホモシステインは血管の弾力、しなやかさの源であるコラーゲンの質を低下させます。

 

これらはともに動脈硬化の要因となりますので、葉酸欠乏症が動脈硬化の引き金になる場合もあるのです。

 

葉酸で動脈硬化を予防できるって本当?

 

その他の症状

葉酸欠乏症によるその他の症状として、肌が青白くなる、下痢、体重の減少、うつ症状などがあります。

 

「葉酸はうつ病に効果がある」はウソ?ホント?

 

葉酸欠乏症の原因

様々な弊害のある葉酸欠乏症を引き起こす原因は主に

 

  • 摂取不足
  • 吸収が阻害される
  • 必要量の増加

 

の3つです。

 

摂取不足

葉酸は、普通の食生活を送っていれば不足する栄養素ではありません。しかし極端な偏食などで野菜を食べていないと、葉酸不足になることがあります。

 

吸収が阻害される

病気や服用している薬によって、葉酸を体に吸収できなくなる場合があります。また、多量のアルコールも葉酸の吸収を阻害します。

 

必要量の増加

これは主に妊娠時もしくは産後の授乳期に起こります。自分の分の葉酸だけでなく、赤ちゃんの分の葉酸も必要になるので、普段どおりの食生活では葉酸が不足する可能性があります。

 

葉酸欠乏症の治療法と予防法

葉酸欠乏症と診断されると、葉酸の経口投与が行われます。

 

薬などで吸収が阻害されている場合でも1日400~1,000μgの葉酸でおおむね改善します。

 

また予防法としては、

 

  • 葉酸を含む食事を心がける
  • サプリメントを利用する

 

の2つがあります。

 

葉酸を含む食事を心がける

葉酸を多く含む食材は、ほうれん草やえだまめ、納豆、のり、レバーなどです。

 

ただし葉酸は熱に弱いので、野菜の場合は加熱せずに食べるほうがよりたくさん摂取できます。

 

サプリメントを利用する

サプリメントで摂取する葉酸は、食事で摂る葉酸よりも吸収率がいいのでおすすめです。

 

とくに妊娠を希望する女性にたいしては、厚生労働省からもサプリメントによる葉酸を1日400μg摂取するよう勧告していますので、食事からの葉酸プラス、サプリメントからの葉酸も摂取してください。

 

厚生労働省が勧める400μgのモノグルタミン酸葉酸とは?

 

まとめ

葉酸は不足しにくいビタミンではありますが、体に必須の栄養素ですので欠乏すれば重篤な状態になることもあります。

 

また、葉酸がしっかり機能するにはビタミンB12の存在が不可欠ですので、葉酸だけでなくビタミンB12も合わせて摂取しましょう。

 

知らないと損するビタミンB12の重要性

 

妊娠を希望する女性には、葉酸・ビタミンB12の必要量を同時に摂取できる葉酸サプリメントの利用をおすすめします。

 

関連ページ一覧

椅子に座る妊婦のサムネイル

葉酸が神経管閉鎖障害のリスクを低減する理由なぜ葉酸が神経管閉鎖障害の予防につながるのでしょうか?この記事では神経管閉鎖障...

貧血の女性のサムネイル

巨赤芽球性貧血(悪性貧血)を予防する葉酸女性は男性に比べて貧血になりやすいといいます。これは月経があるため男性より鉄分不...

動脈硬化のサムネイル

葉酸で動脈硬化を予防できるって本当?葉酸にはさまざまな効能があります。その一つに「動脈硬化を予防する効果がある」というも...

うつ病のサムネイル

葉酸はうつ病に効果がある?葉酸がうつ病に効果がある、というのは聞いたことがあるでしょうか?わたしも最初は「そんなのサプリ...

疑問に思う女の子のサムネイル

がん予防に葉酸が効果があるは本当?葉酸の効果のひとつに「がん予防」があると言われていますが、本当なのでしょうか?葉酸サプ...

緑黄色野菜のサムネイル

葉酸不足によって起こる弊害まとめ他のビタミンに比べるとどちらかというと地味な栄養素である葉酸は、じつは欠乏するとヤバイ栄...

葉酸と小児ぜんそくの関係のサムネイル

葉酸サプリの過剰摂取が小児喘息の原因になるは本当?「葉酸サプリを飲むと生まれてくる子供が小児ぜんそくになりやすい」、とい...

免疫力のサムネイル

免疫力と葉酸の関係葉酸と免疫力に密接な関係があるのはたしかです。ネット上には「葉酸には免疫力を高める効果も」などと謳って...

このエントリーをはてなブックマークに追加