葉酸サプリの副作用について

葉酸サプリの副作用について

副作用

 

妊活中の女性の方達のなかには、葉酸サプリの副作用が心配なかたが多くおられます。

 

「葉酸サプリを飲むべきなのはわかったけど、やっぱりサプリメントはちょっと心配」と。

 

自分の体だけでなく、やがて生まれてくる我が子の健康にも関わることですので、当然です。

 

しかし、だからといって過剰に心配するのもまた精神的によくありません。

 

なにが安全でなにがそうでないか、この記事を読んでいただければ副作用に関する心配はなくなるはずです。

 

目次

  1. 葉酸摂取の副作用
    1. 亜鉛が不足した場合の弊害
    2. 赤ちゃんが小児喘息になりやすい?
    3. 食事性葉酸での副作用の心配はほぼない
    4. 健康食品などのモノグルタミン酸葉酸には上限値がある
  2. サプリメントとしての副作用の心配は?
    1. 他の栄養素で過剰摂取になる可能性は?
    2. 添加物はゼロでなければならないか?
    3. 妊活女子や妊婦が避けるべき添加物
  3. まとめ

 

葉酸摂取の副作用

葉酸を過剰摂取した場合の副作用として考えられるのは、亜鉛の吸収が阻害されることと、赤ちゃんの小児喘息のリスクが高まることです。

 

それぞれ説明していきます。

 

亜鉛が不足した場合の弊害

葉酸を過剰に摂取すると、亜鉛の吸収が阻害されることが確認されています。

 

亜鉛が吸収されずに不足すると、以下のような弊害があります。

 

  • 貧血
  • 味覚異常
  • 皮膚炎
  • うつ状態
  • 免疫機能の低下

 

もちろん、妊娠中にはこのような弊害は好ましくありません。

 

赤ちゃんが小児喘息になりやすい?

2009年、妊娠後期に葉酸サプリを過剰摂取した場合、胎児の小児喘息の可能性が高まる、という研究結果がオーストラリアで発表されました。

 

内容は、577人の妊娠初期(16週まで)と妊娠後期(30~34週)の女性を対象に、食品またはサプリメントによる葉酸の摂取状況、および誕生した子どもの3.5歳時点における小児喘息発症の関係を調べる、というものでした。

 

結果は、葉酸をあまり摂取しなかった女性から生まれた子どもより、妊娠後期にサプリメントで葉酸を摂取した女性の子どもの方が26%小児喘息の発症リスクが高く、また妊娠前期から後期まで積極的にサプリメントで摂取していた母親から生まれた子供は32%も高かったそうです。

 

ちなみにサプリメントではなく食品から葉酸を摂取した場合は、葉酸をあまり摂取しなかった場合と比べても、統計学的に増加したとは言えない、という結果が出ています。

 

【参考】医療教育研究所-遠藤浩良の雑記帳
【原著論文】Effect of Supplemental Folic Acid in Pregnancy on Childhood Asthma: A Prospective Birth Cohort Study
American Journal of Epidemiology  Advance Access published October 30, 2009 DOI: 10.1093/aje/kwp315

 

つまり、食品では問題ないが、妊娠後期にサプリメントで葉酸を摂り過ぎるのは危険、ということです。

 

食事性葉酸での副作用の心配はほぼない

食品由来の葉酸(ポリグルタミン酸葉酸)は、基本的に体内の吸収率が悪く(50%以下)過剰摂取になる心配はまずありません。

 

厚生労働省の発表している食事摂取基準でも、許容上限量の数字(1,000μg/日)はモノグルタミン酸葉酸の量を表しています。

 

かりに1,000μgの許容量を食品由来の葉酸(ポリグルタミン酸葉酸)で摂取しようとするなら、2,000μg、ほうれん草なら約1㎏近くを食べなければなりません。

 

普通の食生活を送っていれば、まず食べない量ですね。

 

ですので、食事だけなら葉酸の副作用を心配する必要はほぼ無いと言えます。

 

健康食品などのモノグルタミン酸葉酸には上限値がある

ただし、葉酸サプリなどで摂取する場合は注意が必要です。

 

先ほど述べたように、モノグルタミン酸の1日の許容上限値は1,000μg。葉酸サプリを大量に飲めばこれを超える可能性があります。

 

妊娠初期に推奨されるモノグルタミン酸葉酸の量は400μgですので、各葉酸サプリの1日の用量を守りましょう。

 

葉酸の副作用

  • 食事性葉酸⇒ほぼ心配なし
  • 葉酸サプリ⇒許容上限値があるので、用量を必ず守る

 

サプリメントとしての副作用の心配は?

さて、葉酸の副作用については以上ですが、葉酸サプリにはその他の栄養素や添加物が含まれています。

 

妊活中においても、それらの量や質に注意する必要があります。

 

他の栄養素で過剰摂取になる可能性は?

葉酸サプリによく配合されており、かつ摂取量に注意すべき栄養素はビタミンAです。

 

ビタミンAは妊婦の取るべき栄養素の一つですが、これを摂り過ぎると胎児の奇形や流産のリスクが高まります。

 

ただし、過剰摂取になる可能性のあるのはレチノールであり、体内で必要に応じてビタミンAに変換されるβ-カロテンでは過剰症は起こりません。

 

レチノールの1日の許容上限量は2,700μgRAEです。

 

RAEとは

 

レチノール活性当量のことで、ビタミンA(レチノール)と、β-カロテンなど体内でビタミンAと同じ働きをする可能性のあるカロテノイドとを合計した数値です。

 

また、その他の脂溶性ビタミンであるビタミンDビタミンEも体内に蓄積されやすいので過剰摂取に気を付ける必要があります。

 

脂溶性ビタミンの許容上限値

  • ビタミンA⇒2,700μgRAE/日
  • ビタミンD⇒100μg/日
  • ビタミンE⇒650~700mg/日

 

添加物はゼロでなければならないか?

なにかと敬遠されがちな食品添加物ですが、その全てが体に害悪なわけではありません。

 

比較的安全とされているものはサプリメントに使用されていても気にする必要がないのです。

 

なかには「添加物ゼロ」を売りにしているような商品もありますが、これはあり得ません。なぜなら、サプリメントとして形成するためには必ず増粘剤等の添加物(増粘安定剤)が必要だからです。

 

これがなければ錠剤として「形」にならず、製品として販売できません。

 

大事なのは、添加物を使用しているかどうかではなく、その添加物が有害なものかそうでないか、です。

 

妊活女子や妊婦が避けるべき添加物

妊活中の女性や妊婦さんが避けるべき添加物は以下のものです。

 

甘味料 アスパルテーム、スクラロース、キシリトール、ステビア
着色料 赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、コチニール色素、カラメル色素
保存料 パラオキシ安息香酸イソブチル、パラヒドロキシ安息香酸イソブチル
酸化防止剤 ジブチルヒドロキシトルエン、エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム
防カビ剤 チアベンダゾール(TBZ)、オルトフェニールフェノール(OPP)

 

まずこれらの添加物は、サプリメントの形成に必ずしも必要なものではありません。

 

甘味料や着色料などにも比較的安全なものがありますが、必要でないものをわざわざ使用することはないので、これらが含まれる葉酸サプリは購入すべきではないでしょう。

 

次に増粘剤など形成に必要だけれども使用されないほうが良い添加物です。

 

増粘剤 増粘多糖類
賦形剤 麦芽糖、マルロース
乳化剤 ショ糖脂肪酸エステル

 

増粘多糖類とは、2種類以上の天然の多糖類を増粘安定剤として使用した場合の食品表示の一つです。

 

柑橘類などのペクチン、微生物から生成するカードランなどの多糖類があります。

 

ただし、天然だから安全というわけではなく、どのような多糖類が何種類使用されているかがわからないため、アレルギー等の観点から避けるべき増粘剤です。

 

まとめ

以上、葉酸の副作用とサプリメントの副作用について述べてきました。

 

まとめると、まず葉酸に関しては、食事性葉酸では副作用の心配がないこと、また葉酸サプリでは用量を必ず守って摂取することが重要です。

 

次にサプリメントとしての注意点は、葉酸以外の栄養素の種類と量、そして添加物は必要性と安全性の両面から判断することが大事です。

 

葉酸サプリを選ぶ際にはこれらを参考にしていただければ、余計な心配をせず安心して妊活を続けられることでしょう。

 

関連ページ一覧

副作用のサムネイル

葉酸サプリの副作用について妊活中の女性の方達のなかには、葉酸サプリの副作用が心配なかたが多くおられます。「葉酸サプリを飲...

葉酸摂取のスケジュール表

1日に摂るべき葉酸の量2000年12月、厚生労働省は妊娠を希望する女性に葉酸の摂取を推奨する通知を出しました。しかし、妊...

過剰摂取の心配は?のサムネイル

葉酸の過剰摂取による弊害は?「過ぎたるは猶及ばざるが如し」良いとされることでも、やり過ぎてしまえば足りないことと同じくら...

お水とサプリメントのサムネイル

葉酸サプリを飲むべきタイミング葉酸サプリを購入しようと考えている人の中には、「葉酸サプリはどのタイミングで飲まないといけ...

葉酸サプリと薬の併用のサムネイル

葉酸サプリとの併用で注意すべき薬は?葉酸サプリを購入する前の不安のひとつに「お薬と併用しても大丈夫なの?」というのをよく...

このエントリーをはてなブックマークに追加